記事一覧

2021年は映画にとって著しく奇妙な年だった。

新型コロナウイルスが蔓延し続けたことで公開サイクルが完全に狂ってしまったのだ。劇場公開が延期されたかと思えば、ストリーミング配信で公開され、さらに劇場公開が延期されるということが繰り返されている。あらゆるストリーミングプラットフォームで非常に多くの新作映画が公開されており、そのすべてを把握するのは難しいし、見る価値があるかどうかを知るよしもない。先週紹介した俳優ジョージ・クルーニー(George Clooney)が監督を務めた『僕を育ててくれたテンダー・バー(原題:The Tender Bar)』もそのひとつで、アフレック演じるバーテンダーのおじさんと絆を深めていく少年の青春ストーリーだ。

妻が失踪し、ダンの世界が崩壊する『ゴーン・ガール』について考えた。妻の失踪が全国的なニュースとなり、ダンは犯罪の容疑者となる。しかし、彼はすぐに自分が罠にはめられたと信じるに足る理由を持つようになる。そのあいだ、フラッシュバックと現在の両方で赤と青のペプシベゼルを持つロレックスのGMTマスター Ⅱ Ref.16700を着用していた。映画のなかではいろいろと間違いがあるが、この時計は間違いがない。

ロレックス GMTマスターII スーパーコピー16700

モデル名 GMTマスター

仕 様 日付表示/Date

ムーブメント 自動巻き/Self-winding

文字盤色 ブラック/Black

防水性 日常生活防水/Waterproof

材質 ステンレススティール/SS

サイズ 40mm

付属品 内外箱

保 証 36ヶ月

1955年に誕生した「GMTマスター」。「GMTマスターⅠ」青赤ベゼルです。
※配送方法が複数ある場合はカート内にて変更ができます。
※配送会社の状況等によって、商品到着日が遅れる場合がございます。あらかじめご了承ください。
海外在住の方は、ご自身のリクエストにレスポンスされた商品のみご購入頂けます。
本商品をご希望の場合は、お手数ですが、パーソナルショッパーに指名リクエストをしてください。

ロレックスは高い技術力に伴う実用性とシンプルなデザインが特徴です。現在の機械式腕時計に搭載されている多くの機能(防水機能、自動巻き機構、日付表示機能など)はロレックスが世界で初めて実用化したものです。シンプルなデザインかつ、実用性に優れた時計なので、現在多くのビジネスマンが愛用しています。機械式時計ながら日常的に使用しても中々壊れない剛性はロレックスならではです。とても人気のブランドなので他の人と被ってしまうこともありますが、それもあまり気になりません。時計好きなら一度は必ず通るブランドと言っても過言ではないブランドです。

ミズーリ出身の少年であるダンはニューヨークでライターとなり、2005年にロザムンド・パイク(Rosamund Pike)演じる妻エイミーと出会ったとき、すでにGMTマスター Ⅱを所有していた。彼はこの映画の舞台となる現代(つまり2014年)に至るまで、二人の関係を通してこの時計を身につけ続けている。つまり、最低でも10年近くはダンの一張羅なのだ。私はいつもワンウォッチマンに嫉妬してしまうのだが、ペプシGMTは浮気をしないリストウェアの関係にふさわしいすばらしい選択であると思う。

コメント一覧

ミルフローラ 偽物 URL 2022年02月17日(木)17時32分 編集・削除

『ミルフローラ』名前からして美しいですが、その意味は”千の華”。女性らしい華やかなデザインが人気のジュエリーショップです。

ルイヴィトン 偽物 URL 2022年02月18日(金)18時11分 編集・削除

老若男女問わずに絶大な人気、知名度を誇るルイヴィトン!年々クオリティが高くなるスーパーコピーの真贋ポイントを解説