記事一覧

ボール ウォッチ、新たな自社製ムーブメントを搭載した「エンジニア M パイオニア」の発売を開始

ボール ウォッチは、約80時間のパワーリザーブを持つ新開発のムーブメントを搭載したモデル「エンジニア M パイオニア」の発売を開始する。ブランド7772021年5月に発表された本作は、904Lステンレススティール製の堅牢な外装を持ち、5000Gsの耐衝撃性能と2500ガウスもの耐磁性能を誇る、実用性に富んだツールウォッチだ。

強い磁気や衝撃に耐えるツールウォッチ

20世紀初頭、アメリカの経済を支えた黎明期の鉄道に従事したレイルローダー(鉄道員)たちは、過酷な環境下で重労働を担っていた。その鉄道員たちに鉄道時計を提供し、正確な鉄道運行をサポートしていたのがボール ウォッチだ。その栄光のバックグラウンドを称え、ボール ウォッチでは現在も頑丈かつ精度に優れる時計作りを行っている。

今回ボール ウォッチは、新たな自社製ムーブメントを搭載する「エンジニア M パイオニア」を、2022年1月より発売開始することを発表した。本作の心臓部となるムーブメントは非常に高い実用性を追求し、これを搭載するにふさわしいケースとして、904Lの高品質なステンレススティールを採用している。

鉄道用ポケットウオッチを彷彿とさせるダイアルには、ボール ウォッチが得意とする自発光型のマイクロ・ガスライトで形作られた、アラビア数字のインデックスを配置している。その内側には白文字で24時間表示とミニッツスケールが記される。

このマイクロ・ガスライトは時分秒針にも備え付けられており、3時位置には拡大レンズ付きのカレンダー表示をレイアウト。視認性を最優先にしたこのダイアルは、高硬度のため傷に強く、耐腐食性にも優れる。

また本作はケース、ブレスレットともに904Lのステンレススティールが採用されている。直径40mmという絶妙なサイズ感と、人間工学に基づいたH型のコマをつなげた設計により、理想的な着用感を実現している。

実用性に特化した新開発ムーブメント

本作最大の魅力は、新たに開発されたムーブメント、キャリバーRR7309-CSを搭載していることだろう。ボール ウォッチ初の自社ムーブメントで、80時間パワーリザーブを有するキャリバーRR7309-Cをベースに、シリコン製のヒゲゼンマイを採用している。

ヒゲゼンマイにシリコンを採用する理由は電気絶縁性の特性を持つためで、機械式ムーブメントの心臓部にあたるテンプのヒゲゼンマイをシリコン製、そしてUV-LIGA(紫外線を露光し転写する電鋳加工)プロセスで成型された、ニッケル-リン製の脱進機を採用することにより、磁気耐性に優れる構造を実現した。この結果として、2500ガウス(約20万A/m)の耐磁スペックを誇る。

それに加え、従来のようなミューメタル製のインナーケースを内蔵する必要がないため、トランスパレント仕様のケースバックから、このキャリバーRR7309-CSを鑑賞することも可能だ。そしてC.O.S.C.認定クロノメーターをパスしており、同検定以上の日差精度マイナス3秒からプラス4秒に収まる高い精度を保証している。


【関連記事】:https://bookmess.com/u/shoping711

透明のケースに包まれたスウォッチの新作「Swatch CLEAR」コレクションを発表

スウォッチは、透明のケースやストラップが魅力の「Swatch CLEAR」コレクションを発表した。ジェント、ニュージェント、スキン、ビッグボールドの4種をラインナップし、1985年に登場したジェントのアイコニックな外観をリバイバルしたものだ。

アイコニックな“クリア”モデルをリバイバル

スウォッチは、透明なケースやストラップを採用した新作モデルで構成される新コレクション、「Swatch CLEAR」コレクションを発表した。1985年に初めて登場した「ジェント」のアイコニックなデザインをリバイバルしたもので、クリアなケースはもちろん、レッド・ブルー・イエローの針や、メカニズムを露わにしたクォーツムーブメントの構造など、オリジナルが持つ雰囲気を見事に再現している。

今回登場した「Swatch CLEAR」コレクションは、4本の新作からなる。ケース直径34mmで、もっともオリジナルに近い「ジェント」、直径41mmのメンズルックな「ニュージェント」、スウォッチのコレクションで最薄となる、厚さわずか3.9mmの「スキン」、そして直径47mmの大胆なケースが特徴の「ビッグボールド」だ。

これらのモデルには、ケースにバイオ由来の素材を使用しており、スウォッチは社会的責任も強く意識している。ケースとストラップは、ジェント、ニュージェント、スキンが艶のある仕上げになっており、一方ビッグボールドは艶のないマットな仕上げとなっており、デザインコンセプトは共通でありながら雰囲気を大きく変えている。

そしてクリアウォッチの魅力は、ムーブメントの構造を鑑賞できる点だろう。普段見ることの少ないクォーツムーブメントだが、本コレクションでは共通して内部パーツを露わにしている。リュウズを引き針を動かす際の歯車の動きや、1秒毎に時を刻む様子を楽しめる。


【関連記事】:https://bookmess.com/u/luly2830

シチズン「エコ・ドライブ ワン」の新作は、クラシックかつエレガントなスモールセコンドモデル

シチズン「エコ・ドライブ ワン」に、スモールセコンドモデルを搭載した1型3種が追加された。バランスの良いダイアルに薄型小径のケースを組み合わせることにより、全体をクラシックかつエレガントにまとめ上げている。レギュラーのブラックダイアルとホワイトダイアルのほか、数量限定のダークブルーダイアルも用意される。

往年のドレスウォッチを想起させる極薄クォーツウォッチ

シチズンが誇る、世界最薄のアナログ式光発電ムーブメントを搭載した「エコ・ドライブ ワン」に、スモールセコンドモデル1型3種が追加された。直径36.6mmの小ぶりなケースは厚さわずか4.5mm。6時位置に配されたスモールセコンドは、ダイアルのバランスを破綻させない良好なデザインだ。各社が薄型化を競っていた、往年のドレスウォッチを想起させる。ダイアルのカラーは、ホワイト、ダークブルー、ブラックが用意されている。

ホワイトダイアルモデルは「エコ・ドライブ ワン」として初めてダイアルに土佐和紙を採用しており、和紙特有の繊細なパターンを楽しむことができる。ステンレススティール製ケースには同社独自の表面硬化技術であるデュラテクトピンクが施されており、上品なピンクゴールドカラーに仕上がっている。

ダークブルーダイアルモデルは「シチズン フラッグシップストア」と「シチズン プレミアムドアーズ」のみで取り扱われ、限定数量はなんと80本と極少量である。ケースはステンレススティール製だが、こちらにはデュラテクトプラチナが施されており、耐傷性を高めるとともに明るく透き通るような色調になっている。限定モデルらしく、ケースバックにはシリアルナンバーが刻印される。

ブラックダイアルモデルは、デュラテクトプラチナで仕上げられたステンレススティール製ケースが採用されている。モノトーン故に「エコ・ドライブ ワン」の魅力であるシンプルさがより際立っている。

各モデルには、ダイアルのカラーにマッチするワニ革ストラップが装着されている。バックルは着脱が簡単でストラップを痛めにくい三つ折れ式のフォールディングタイプだ。これまで二針モデルをリリースしてきた「エコ・ドライブ ワン」に突如として追加された、クラシックかつエレガントなスモールセコンドモデル。装着感の良い時計を求める層だけにとどまらず、新たなファンを生み出すこととなるに違いない。


【関連記事】:http://b34.chip.jp/fashionshop