記事一覧

キアヌ・リーブスが『ジョン・ウィック4』の裏方メンバーにお揃いの Rolex をプレゼント

スタントマン4名を労うように〈Rolex〉Submariner Date ref. 126610LNを贈呈

大人気☆素晴らしい [シュプリーム ロレックス スーパーコピー] コラボ サブマリーナ ノンデイトモデル ロレックス submariner『FUCK EM』 114060 リーク 2020

商品名: SUPREME×ROLEX 偽物 Fuck Em ノベルティ
型番: 114060
ケース素材: SS
風防素材: サファイアクリスタル
ムーブメント: 2836 movement 28800VPH
本体サイズ(直径): 40.5mm
素材=ステンレス
ロレックス・サブマリーナのSupremeカスタム。
文字盤には真紅で「FUCK EM」の文字、背面部分にはSupremeのロゴ刻印、Supremeらしいカスタムとなっております。
一般流通していないので値段もあって無いようなものです。
2013年S/Sコレクションで登場した、SupremeがROLEXのSubmarinerをカスタマイズしたモデルのレプリカです。
FUCK EM!
格好良い。

いよいよ主演作『マトリックス レザレクションズ』の公開も迫っているKeanu Reeves(キアヌ・リーブス)。そんな彼のもう1つの注目作として『John Wick 4(ジョン・ウィック4)』も控えているが、同作の撮影終了を記念して、Keanuから制作スタッフへお揃いの〈Rolex(ロレックス)〉が贈られていたことが明らかとなった。

Jeremy Marinas(ジェレミー・マリナス)、Li Qiang(リ・チアン)、Bruce Lee Concepcion(ブルース・リー・コンセプション)、Dave Camarillo(デイブ・キャマリロ)という4名のスタントチームにプレゼントされた時計は〈Rolex〉のSubmariner Date(サブマリーナ デイト)ref. 126610LN。裏蓋には“THE JOHN WICK FIVE”とともに、それぞれの名前と“THANK YOU KEANU JW4 2021”と刻印されている。ちなみに同モデルの定価は96万5,800円だが、リセール市場では16,000ドル(約181万円)近くで取引されている逸品だ。こんなものを実際にプレゼントされたら、テンション爆上がりなのは想像に容易いが、その時の様子がSNS上にアップされているので、下記からチェックしてみよう。

【関連記事】:http://tatsuya.top/

40万円台になった、パシャ38mm W31035T6

2000年前後に現行だった世代のパシャ38mmは、当時の高級ラインを担うシリーズでありました。

そのため、ステンレスモデルでも、スーパーコピー時計2001年頃における新品実勢価格は、当時のSSスポーツロレックスよりも高い(デイトナを除く)という状態。

カルティエ新作 パシャ ドゥ カルティエ WSPA0013

Ref:WSPA0013
ケース径:35.00mm
ケース厚:9.37mm
ケース素材:スティール
ストラップ:クイックスイッチ インターチェンジャブル、スティール製ブレスレット及びネイビーブルー アリゲーターレザーストラップ、スマートリンクサイズ調整システム
ムーブメント:自動巻き、Cal.1847 MC(マニュファクチュール)、約40時間パワーリザーブ、毎時28,800振動、23石
仕様:時・分・秒表示、リューズにブルーシンセティック スピネルカボション

2001年頃の大まかな、ブランドごとの価格序列を示すと、

オメガ:10万円台
ロレックス:30万円台
プレミア価格のSSロレックス(デイトナ以外):40万円台
フランクミュラー:50万円台
といった感じでしたが、パシャ38mmは3針が40万円台、クロノグラフが50万円台という価格帯に位置していました。

ですから、現行当時の印象としては、「結構高いモデル」だったわけです。

そして、コンビモデルとなると、さらに高いという印象でした。

しかし、今の時代となっては、パシャ38mmは、SS3針が中古20万円台で購入可能という状態となっています。

また、このコンビモデルも長らく30万円台という様子で、リーマン・ショック後水準とあまり変わらないという傾向だったといえます。

とはいえ、パシャといえば、このところ上昇傾向が目立っている状態。特にパシャCがその傾向だといえます。

しかしながら、パシャ38mmのほうは、以前と変わらず、「特に変わりなし」というモデルが多数派という状態で、パシャCのように「10年ぶりに高値」といったようなことは起きていません。

と思っていたら、このパシャ38mmのコンビモデルが、結構な上昇という様子となっているのです。

このコンビモデル、W31035T6は、長らく30万円台前半程度で購入可能でしたが、現在水準はなんと40万円台という様子であるのです。

ケースに直接ストラップを組み込んだフランク・ミュラーの人気モデル

人気時計ブランドは多くの人が完成を待っている状態なので、“時計のオーダーメイド”のハードルは非常に高い。しかしフランクミュラーは、長年にわたってブランドの魅力を紹介してきたFASHIONの20周年ということで、特別にコラボレーションを快諾してくれました!

FASHIONとフランク ミュラーが何度も打ち合わせを重ねた結果、誕生したのがこの『ヴァンガード FASHION20周年 リミテッドエディション』。FASHIONが強く推奨してきた“黒×金”の配色を取り入れ、ケースサイドからはピンクゴールドがチラリと見えるのもポイント。

そしてダイヤルには、透かし彫りのような「20」の印影を施して、20周年を祝います。人気モデルの特別仕様ですから、自信をもってオススメいたします。

フランク・ミュラースーパーコピー ヴァンガード 7デイズ パワーリザーブ スケルトン V45S6SQTD5NNR

型番V45S6SQTD5NNR
機械手巻き
材質名ピンクゴールド
ブレス・ストラップストラップ
宝石ダイヤモンド
タイプメンズ
文字盤特徴スケルトン
外装特徴シースルーバック
ケースサイズ53.7×44.0mm
付属品内箱
外箱
ギャランティー

ケースに直接ストラップを組み込んだフランク・ミュラーの人気モデル、「ヴァンガード」シリーズに7日間のロングパワーリザーブ&スケルトン仕様の「ヴァンガード 7デイズ パワーリザーブ スケルトン 」が新たに加わりました。
縦53.7mm×横44.0mmの迫力あるピンクゴールドケースにはダイヤモンドセッティングを施して、また文字盤をスケルトン仕様としたことでフランク・ミュラー独自のスタイリッシュで幾何学的なオープンワークのブリッジとムーブメントが表裏の両面からお楽しみ頂けます。
12時位置にはスケルトン加工された香箱を設け、視覚的にゼンマイの巻きあがり状態の確認が出来る構造となっています。

直線と曲線を組み合わせたケースが美しくストラップへと連なる『ヴァンガード』を、ブラック×ゴールドで色気満点に演出。腕元をリッチに魅せる一本に仕上がりました。

グラフィカルなインデックスは、ピンクゴールドカラーのエナメル塗装を施し、細部にこだわりました。


【関連記事】:https://plaza.rakuten.co.jp/leefervfcn

ロレックスの手腕による的確な配色バランスがいやらしさを感じさせない。

コンビカラーを品よく取り入れるならこの一本をチョイス!

2021新作 ロレックス偽物サブマリーナー デイト 18 ct イエローゴールド 126618LB

モデルケース

オイスター、41 mm、イエローゴールド

直径

41 mm

素材

18 ct イエローゴールド

ベゼル

60分目盛り入り逆回転防止、セラクロム、刻印された数字と目盛りはゴールドコーティング

リューズ

スクリュー式、トリプロック(三重密閉構造)

クリスタル

傷防止サファイア、日付表示部にサイクロップレンズ

防水性

300m/1,000フィート防水

ムーブメント

パーペチュアル、機械式、自動巻

オリーブグリーンダイアルの6時と9時位置のローマインデックスと、ベゼル一周にダイヤセッティングを施した豪華な一本です。

ムーブメントには14件もの特許を取得し、新開発の脱進機のクロナジーエスケープメントを装備した上で70時間ものロングパワーリザーブを確保した自社開発キャリバー3235を搭載します。

また、ブレスレットにはオイスタークラスプを採用したことで、ブレスレットの長さを容易に約5mm微調整することが可能となりました。

上でも触れた通り、このモデルの魅力はなんといっても色味と配色の絶妙なバランス加減にある。ブレスの中央部分やリューズ、インデックスや針などにゴールドが配色されているが、インデックスや針は内側がホワイトで塗りつぶされており、ゴールドの主張はやや控えめ。ダイアルとベゼルは落ち着いたブルーでしっとりとした雰囲気も感じさせる。無造作にラグジュアリーなデザインを押し付けない様は雅であると呼ぶに値するだろう。存在感のある時計が欲しかったけど品の良さは諦めたくない、という方におすすめしたい一本だ。